【輸入ビジネス】最低限知っておきたい法律7選を簡単解説!

こんにちは、Asukaです。

 

輸入ビジネスをやっていく上で、知っておくべき関係法律があります。

 

知らなかったでは済まされず、最悪は罰金刑なんてことになりかねません。

 

でも今から勉強しておけばOKです!

 

今回は、最低限知っておきたい法律7選を簡単解説していきます。

 

7選は以下になります。

①消費生活用製品安全法

 

②食品衛生法

 

③電気用品安全法

 

④電波法

 

⑤PL法(製造物責任法)

 

⑥薬事法

 

⑦ワシントン条約

 

それでは、早速いってみましょう!

 

◇合わせて読みたい記事はこちら◇

それって輸入して大丈夫⁉輸入禁止品と輸入規制品について3分で解説!

 

輸入ビジネス×法律:①消費生活用製品安全法

 

 

安全に影響を及ぼす特定の商品に対して、PSCマークのの表示を義務付ける法律です。

 

特別特定製品:ライター、乳児用ベッドなど

 

特別特定製品以外の特定製品:登山用ロープ、乗車用ヘルメットなど

 

詳しい品目は下記HPを参考にしてください。

 

参考:経済産業省HP(消費生活用製品安全法

 

輸入ビジネス×法律:②食品衛生法

 

飲食による健康被害の発生を防止するための法律です。

 

食品関係は基本NGです。

 

厄介なのは、食器やフライパンなどの調理器具も該当することです。

 

仮に輸入する際には、食品等輸入届を厚生労働省に提出する必要があります。

 

その上で、安全性検査&食品検査を実施して、さらに証明書提出が必要となります。

 

参入障壁はかなり高いので、避けた方が無難です。

 

参考:厚生労働省HP(食品衛生法)

 

輸入ビジネス×法律:③電気用品安全法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気用品の安全性を確報するため、製造及び販売を規制する法律です。

 

下記の該当品目に、PSEマークの表示が義務付けられています。

 

特定電気用品:電動式のおもちゃ、電動マッサージ器など全112品目

 

特定電気用品以外の電気用品:電気カミソリ、電気歯ブラシなど全341品目

 

参考:経済産業省HP(電気用品安全法)

 

輸入ビジネス×法律:④電波法

 

 

電波法は、無線通信の混信や妨害を防ぎ、電波の効率的な利用を確保するための法律です。

 

総務省で定める、該当品目に技適マークの表示が義務付けられています。

 

このマークが表示されていれば、免許を受けずに無線機器を使用可能です。

 

参考:総務省HP(電波利用ホームページ)

 

輸入ビジネス×法律:⑤PL法(製造物責任法)

 

製造物の欠陥が原因で生命、身体又は財産に損害を被った場合に、被害者が製造業者等に対して損害賠償を求めることができることを規定した法律です

消費者庁HPより

 

重要な点は、輸入業者も製造物責任を負うということです。

 

欠陥品を買わないように、気を付けるしかありません。

 

どうしても心配な場合は、PL保険加入の検討も打てる手の1つです。

 

参考:消費者庁(製造物責任法の概要Q&A)

 

輸入ビジネス×法律:⑥薬事法

 

シンプルに言えば、医薬品や医療品を輸入するためには、厳しい申請が必要になってきます。

 

個人使用限定の輸入であれば比較的簡単ですが、個人輸入での販売は諦めましょう。

 

化粧品やコンタクトレンズなども該当するので、注意が必要です。

 

 

参考:厚生労働省(薬事法等の一部を改正する法律について)

 

輸入ビジネス×法律:⑦ワシントン条約

 

正式名は『絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約』です。

 

生きた動植物以外にも、爪、毛、牙などの加工品も規制の対象となっています。

 

国際条約のため、法律よりも強力な効力を有しています。

 

仮に輸入する場合は、『輸出国許可証』や『輸入承認証』などが必要ですが、薬事法と並んでNGと考えておきましょう。

 

 

参考:経済産業省(ワシントン条約)

 

まとめ

 

以上が、知っておくべき法律7選になります。

 

注意が必要なもの、そして基本NGなものが存在しています。

 

これらを避けていけば、問題なく仕入をすることができます。

 

最低限のルールを把握した上で、ガンガン稼いでいきましょう!

 

◇合わせて読みたい記事はこちら◇

個人輸入って関税かからないって本当?関税&消費税について7分で解説!

 

夢を叶える為には行動を

 

最後に少しだけ、Asukaのお話をさせてください。

 

僕は2020年12月より、副業として輸入ビジネスに挑戦している28歳です。

 

豪華客船飛鳥Ⅱで世界一周クルーズに行く夢を叶えるため、副業を始めました。

 

転機だったのは、同じ年のメンター(副業の先生)と出会ったことです。

 

メンターの指導の下、毎日コツコツと継続していきました。

 

トラブルも多々経験しましたが、結果的に4ヶ月目には月利10万円を突破することができました。

 

メンターの適切なフォローがあったからこそ、トラブルを乗り越えることができました。

 

困った時にすぐに聞ける存在は、とっても心強いです。

 

成果を出すなら、まずはメンター探しが近道です。

 

叶えたい夢があるならば、今この瞬間から行動していきましょう!

 

◇夢の実現に本気な方は、是非LINE登録お待ちしています◇

【LINE登録すると0から副業をスタートするための無料相談が可能です】

 

◆輸入ビジネスでお金を稼ぐためのステップをお伝えできます◆

 

◆月利10万円を稼ぐためのリアルなアドバイスを得ることができます◆

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA